中小企業や個人事業にこそ『広報・PR』が必要!
『広報・PR』活動は”旅スタジオ”にお任せください
撮影機材

七五三撮影のカメラ機材紹介!キヤノン5Dmark3と開放値F2.8レンズのセット

広島県、徳島県を拠点に広報・PR代行、カメラマン、ビデオグラファーをしている旅スタジオの豊田輝です。

10月・11月は七五三のシーズンですね。
ここ数週間の週末は、ご依頼をいただき、神社にて七五三撮影をしています。
これから数回の記事に分けて、七五三撮影の際に私が持参している機材を紹介します。

ちなみに七五三撮影の際に、私が持参する荷物はこんな感じです。

ワンオペでの撮影となりますので、機材は1つのカメラバッグにまとめ、フットワーク軽く移動できるようにしています
荷物を複数口のバッグに分けて、がちゃがちゃしながら撮影して、移動して、お客様を待たせるのは最悪だと思っています

カメラバッグの中に入っているのはこのような機材です。

《七五三撮影での機材一式》
●カメラ&レンズを2セット
●予備レンズ2本
●ストロボ2つ(1つは予備)
●ストロボのワイヤレストランスミッター
●カメラミニ三脚
●カメラ、ストロボの予備バッテリー
●NDフィルター
●レンズのクリーナー一式

今回はまず、カメラ&レンズの2セットについて、なぜその組み合わせで七五三撮影に臨むのか紹介します。

カメラボディについては、過去の記事で初回したキヤノン5Dmark3です。
詳しくは過去の記事をご覧ください⇒https://tabi-studio.com/5dmark3/

私はロケーションフォトの場合、基本、レンズ交換はしません。特に屋外での撮影の際にはレンズ交換しないようにしています。
理由として、

●お客様を待たせない
●機材故障の原因になることはなるべくしない

ことを念頭に置いて撮影するようにしているからです。
機材故障については、レンズ交換の際に機材を落としてしまう(時間制約のある中では焦ってしまうので)、カメラセンサーに埃や塵が混入してしまうようなことが考えられます。

そのため、カメラ&レンズのセットは、どのようなシチュエーションにおいてもフレキシブルに対応できる組み合わせにしています。
そして、なるべく撮影中に設定操作がスムーズに行えることも考えながら組み合わせを選んでいます
具体的に、例えば今回ご紹介する七五三撮影のカメラ&レンズセットであれば、

●カメラボディは2台とも同じ
●レンズの開放値は2本ともF2.8

のように、どちらのカメラ&レンズで撮影したとしても、機材の条件がある程度揃っているので設定変更などが容易に行えます。

今回は、七五三撮影でのカメラ&レンズ選びのポイントを紹介しました。
次回は、カメラにつけているレンズ2本について詳しく紹介します