中小企業や個人事業にこそ『広報・PR』が必要!
『広報・PR』活動は”旅スタジオ”にお任せください
ロケーションフォト

見渡す限りのチューリップ畑・世羅高原農場でポートレート撮影

広島県、徳島県を拠点に広報・PR代行、カメラマン、ビデオグラファーをしている旅スタジオの豊田輝です。

”映える”写真が流行っていますが、色とりどりのチューリップに囲まれて撮影ができるお勧めスポットを紹介します。

チューリップが咲き誇るこちらの場所は、広島県世羅郡世羅町の『世羅高原農場』です。
例年、4月から5月にかけて『チューリップ祭』が開催されているようで、私は妻と娘の3人で4月24日(土)に出かけてきました。

それでは私が『世羅高原農場』を”映える”写真スポットとしてお勧めするポイントを3点ご紹介します。

1.チューリップが咲き誇る花畑の中に入っていける
世羅高原農場のチューリップ畑は、ガンガン中に入っていくことができます

ここまでキレイに整えられた花畑で自由に入っていけることって、私の経験上では、ここが初めてでした。
花が好きで、チューリップが好きな娘は、気に入った色や模様のチューリップを見つけては、花畑の中に入って行って近くで花を眺めていました。ご機嫌で笑顔の娘の写真が難なく撮れて、パパカメラマンとしては環境の良さに感激でした。

2.広大な花畑のため他の人が写り込む心配がない
世羅高原農場の花畑は場所によって、テーマが決まっているようで、スペースごとで見どころが違い、広大なスペースに人が分散するような仕掛けがされています
そのため、写真を撮る際には、他の方が写り込まないか気になりますが、その心配が要りません。

お陰で、いろんな場所でじっくり写真撮影をすることができました。

3.花の種類や色が豊富でバリエーションを持たせた写真が撮れる
世羅高原農場のチューリップは、普通に球根から育てるようなシンプルな単色のものだけではなく、種類や色が豊富です。
そのため、どこで写真を撮っても同じ色合いにならず、バリエーションを持たせた写真が撮れます

もちろん、花だけを撮るのも楽しめます。

以上、”映える”写真が撮れる『世羅高原農場』のチューリップ祭のお勧めポイントを3点ご紹介しました。
ポートレート撮影では、被写体の表情がとても大切です。
『世羅高原農場』のように、訪れる人がそのスケールの大きさや、チューリップの色や種類の豊富さで、自然と笑みをこぼすロケーションって最高です