中小企業や個人事業にこそ『広報・PR』が必要!
『広報・PR』活動は”旅スタジオ”にお任せください
ロケーションフォト

単焦点レンズsigma50mmF1.4 art、EF100macroF2.8Lの2本を使ってファミリーフォト

広島県、徳島県を拠点に広報・PR代行、カメラマン、ビデオグラファーをしている旅スタジオの豊田輝です。

先月、ご依頼を受けて広島城でファミリーフォトの撮影をしてきましたので、その様子とレンズ選びについてご紹介します。

ロケーションフォトの際に、機材選びで私が迷うのはレンズ選びです。
初めての場所での撮影の際には、可能な限り下見に行って、撮影環境を確認した上で、レンズを選ぶようにしています。
私が自由に動いて撮影できる(撮影場所が広い)ようであれば、カメラボディ2台に、単焦点レンズ2本を使用するのですが、そうでなければ、1本はズームレンズを使用します。

広島城周辺では、七五三の撮影も含めて、これまで何度か撮影してきました。そのため、撮影スポットや周辺の撮影環境について把握していたため、レンズについては、この2本で決定

・sigma50mm F1.4 art
※過去の紹介記事 https://tabi-studio.com/sigmaart50mm/
・EF100mm F2.8L macro
※過去の紹介記事 https://tabi-studio.com/ef100macro/


いずれのレンズも単焦点レンズらしく尖った特徴があって、個人的には最高に好きです

それぞれのレンズで撮影した写真とともに、当日の様子をご紹介します。

sigma50mm F1.4 artで撮影


このレンズの開放値はF1.4ですが、撮影で使用する際には1段絞って、F2.0で使用しています。
焦点距離50mmは「人間の視野角に近い」と言われているだけあって、個人的には撮影しやすく一番好きな画角です。被写体であるお客様に近づいたり、距離をとったりして画角を決めるのが楽なんですよね。
ちょっと距離を取って撮影した写真

さらに距離を取って撮影した写真

もっと距離を取って撮影した写真

このような感じで、横構図はもちろん、縦構図でも撮りやすい画角なのでバリエーションのある写真を撮影することができます。
そして、「sigma art」レンズらしく、フォーカスを合わせた場所を「キリっ」と描写してくれます。

EF100macroF2.8Lで撮影した写真


こちらのレンズは、sigma artの「キリっ」とした描写ではなくて、「ふんわり」とした描写をしてくれます。そして、焦点距離は中望遠の100mmなので、F2.8でも十分なボケ感を作り出すことができます。
もちろん「マクロ」レンズですので、このようなアップの写真も撮れます

表情アップも撮りやすい

距離を取れば、50mmと同じような構図の写真も撮れます

焦点距離が50mm、100mmなので、2台のカメラを肩にかけて使用すると、そこまで忙しく私が移動しなくても、どちらかの焦点距離で狙った写真が撮影でき、バランスの良い組み合わせだと思っています。
そして最後にご紹介する写真は、母子ともにステキな笑顔を撮影できたコチラ

とても穏やかなご家族で、私自身、楽しくお仕事をさせていただきました。

好きなレンズは人によって違いますが、仕事で使用する場合は、描写力はもちろんのこと、同じような写真にならないよう、表現を変えられるレンズを選ぶようにしています
その経験から、この2本のレンズはものすごくお勧めです


カメラのキタムラ 中古機材サイト
【中古】 シグマ 50mm F1.4 DG HSM Art ソニー Eマウント



カメラのキタムラ 中古機材サイト
【中古】 キヤノン EF100mm F2.8L マクロ IS USM