中小企業や個人事業にこそ『広報・PR』が必要!
『広報・PR』活動は”旅スタジオ”にお任せください
カメラ

カメラ選び フルサイズ機とAPS-C機比較【ボケ感篇】

広島県、徳島県を拠点に広報・PR代行、カメラマン、ビデオグラファーをしている旅スタジオの豊田輝です。

撮影した写真や動画の良し悪しって、基準が幾つかあります。
時代によっても基準は変わるんでしょうけど、数年前から「ボケ感」のある写真・動画(被写体の前方や後方がボケている)が「良い写真・動画」と評価される傾向があります。
↓例えばこんな写真

最近のスマホでも、「ボケ感」のある写真は撮れるようになっていますが、広角から望遠まで焦点距離を変えながら撮影し、なおかつボケ感を出すとなると、レンズ交換のできる一眼レフカメラやミラーレスカメラを使った撮影の優位性が高い状況です。

今回はSonyミラーレスカメラを使って、フルサイズ機とAPS-C機の「ボケ感」について、実際に撮影した素材を比較しながらご紹介します

比較するカメラはこちらの2台です。

左側のカメラがα6500(APS-Cサイズ機)、右側のカメラがα7sⅱ(フルサイズ機)です。
前回の記事でも紹介しましたが、APS-C機とフルサイズ機はセンサーの大きさが違います。
過去記事:2021年から写真・動画撮影を始めよう!フルサイズ機とAPS-C機の違いって?
センサーの大きさが違うと同じ設定でも写りの違いが出てきます。その違いの1つが「ボケ感」です。
今回、2機種の撮影素材を比較するため、「ボケ感」に影響を与えるF値を”4.0”、焦点距離を”50mm(フルサイズ換算)”に設定した上で撮影しています。

まずは、写真の比較です。
写真については、公園で背景の場所を変えて2枚ずつ撮影しています。
こちらの写真については、背景の建物の模様(タイル)の「ボケ感」を比較すると違いがよく分かります。

次の写真はブランコの緑色ポールの「ボケ感」を比較してみてください。

次は動画素材の比較です。
約40秒ほどの動画に2機種で撮影した素材を入れていますので、比較してみてください。

写真、動画を見ても一目瞭然ですが、フルサイズ機の方が「ボケ感」は強く出ます
F値の詳しい話はまた別の記事で綴りますが、F値は分かりやすくいうと「被写体のピントの合う幅」を意味する数字のことです。
F値の数字が小さくなればなるほど、ピントが合う幅が狭くなり、ピントが合っていない前後の空間がボケます
私の場合、フルサイズ機のF4.0と同じような「ボケ感」をAPS-C機で出す場合、APS-C機のF値を「2.8ぐらいに設定します。

今回は、APS-Cサイズ機とフルサイズ機の「ボケ感」について、撮影素材を見てもらいながら紹介しました。
次回は、暗所性能(暗い場所での撮影)について、撮影素材を見てもらいながら、比較します。参考になさってください。