中小企業や個人事業にこそ『広報・PR』が必要!
『広報・PR』活動は”旅スタジオ”にお任せください
撮影機材

撮影時に必須のブロワーは、先端までゴム製がお勧め!

広島県、徳島県を拠点に広報・PR代行、カメラマン、ビデオグラファーをしている旅スタジオの豊田輝です。

今回は、撮影時にレンズやフィルターの付着物を風圧で飛ばす、ブロワーについてお勧めのものを紹介します。
以前の記事で、レンズの汚れふき取るHAKUBAから出ている「レンズクリーニングティッシュ」を紹介しました。
※そちらの記事についてはコチラhttps://tabi-studio.com/lensclean/

仕事での撮影中に「レンズクリーニングティッシュ」を使用する場合は、撮影時間にゆとりがあったり、突発的に簡単には除去できない汚れが付いた時などです。
それ以外は、今回ご紹介するブロワーで、埃など、レンズやフィルターの付着物を飛ばしています

撮影時間が限られていることもあり、とにかく素早くブロワーを使用する必要があります
そうなると、ついつい焦ってしまって、ブロワーの先をレンズに当ててしまうことも…

一般的に家電屋のカメラコーナーで販売されているブロワーはこのタイプ

サイズは大小さまざまですが、先端部分はほとんどがプラスチック製。
固いプラスチック製の場合、もし、レンズやフィルターに当ててしまうと、傷つくこともあります。

比べて、今回ご紹介するブロワーは端から端まで全てが柔らかいゴム製


かりにレンズやフィルターに接触した場合でも、傷つけることはありません。
また、カメラバッグに機材を入れる際に、ちょっとした隙間にこのブロワーを挟むことで、緩衝材代わりにもなる優れもの

今回ご紹介した商品は、株式会社ユーエヌの「ハリケーンブロワー」です。
端から端までゴム製で、ブロワー本来の役割はもちろん、緩衝材にまでなる優れものでお勧めです。